FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎生検後・退院☆

<入院5日目・退院日>

4時30分
目覚めたついでに体重測定⇒なんと先着あり・・
っていうか、患者名一覧が置いてあって、測ったら自分で記入してくる方式。
個人情報、漏れてますよ~!
私は気にならないけど(笑)
検温・採尿もすませ、二度寝♡

7時30分
起床
本日の朝食は、ベッド上で、背もたれなしで自力で座って食べることができました。

主食160g。
入院した当初は「少ないくらい」なんて栄養士さんに話していたのに、だんだんと多く感じてきた。
おかずが少ないから?
何食か前からお茶をかけてかきこむ方式で完食。

9時
シャワー室の開放時間を待って、即入る。

9時半
薬剤師さん、来室
お薬手帳を持つように指導を受ける。

総回診??担当医・病棟師長・研修医などなど、大勢で訪室あり、一気に緊張。
病棟師長がニコニコ目をあわせてくれて安心しました。
生検結果は8/26の外来で説明を受けることになりました。

10時
お化粧をして、晴れて退院。
駐車場までの歩行がとっても辛かった。想像以上の体力低下です。

と、いいつつ、そのまま友人とランチへ☆
せっかく遠方の街に来ていますから…(^人^)


14時~実家まで2時間のドライブ
腰がつらくて運転厳しい!と感じながら、無事に到着。

16時~疲労で昼寝。

19時 夕食をいただき、早寝。安静安静。

記:H28.4


にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

腎生検後・2日目・体調すぐれず

<入院4日目>
腎生検後・2日目

6時
採血&採尿。
ついでに検温・体重測定をして二度寝(笑)
身体の動きが自由なら、寝るという行為は極楽☆

8時
「今日は、体力回復のために、ベッドから離れて過ごそう」と計画。

9時
やっとシャワー許可 ⇒ 即シャワーへ‼

午前は、洗濯(忘れ物や時間確認でウロウロ)、雑誌をみたり、デイルームでコーヒーを飲んでみたり。
普段なら、カリッカリと仕事をしているのに、こんな形での休養も有意義だったかも、なんて思いながら。

12時
昼食
すでに座っているのが辛い状態に。
ベッドの背もたれで昼食をとる。

13時
腎臓病教室、楽しみにしていました。
ですが、完全にエネルギー切れ。
椅子に座っているのが辛く、テーブルに伏せがちに講師の話を聞きました。
生あくび・涙・・・片頭痛だ。
教室が長~~く感じました。
手すりにつかまって、やっと部屋に戻ったら、吐気がきて(片頭痛の症状です)トイレにこもる。
こんな時はいつも、アマージという専用薬を飲むのですが、入院時に病棟に回収されたきりだったので、ナースに申し出たけれど、くれませんでした(なんで?)
2~3回、トイレにこもったあと、何とか眠りにつくことができ、忘れられました。

18時
まあまあ回復。
夕食もベッドの背もたれでとりました。
あア、自分の体力の低下にガッカリです。

19時
就寝

22時
回復!

23時
布団に入る。
今度は太もものシリコン跡の痒みが我慢ならない!
無意識に掻いてしまったのか、右だけ痒くて、その後、掻き壊してしまいました。

1時
痒くて眠れず、ナースに伝えると、スーッとする軟膏を塗ってくれました。
心理的なものかな?その後、数時間、眠れました。

次回、入院することがあったら、アンシルクのシリコン部分にガーゼを挟む?何か対策が必要そうです。


記:H28.4


にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
にほんブログ村

腎生検・翌朝・安静解除☆

<入院3日目・腎生検翌日>

6時
・尿検査
・手の甲からの採血
 (手の甲からとるのは、透析予備軍だから?
今はまだ正常なのに・・・複雑なキモチ)
・採血結果でOKがでたら、朝食は背もたれ30度ア
ップOKだからと、ナースからの励まし。
(しかしその2時間は果てしなく長く感じました)

8時
背もたれ30度アップ許可!ずいぶん楽です❕
30度、左向き、仰向けと動ける種類が増えたのがトテモうれしかったです。
そのあと(勝手に)背もたれを0度にしたり30度にしたりして、とにかく耐えました。
相変わらずダメ患者(/\)
ですがナースコールは遠慮で押せませんでした。

12時
回診。
尿カテーテル抜去!歩行可!「アンシルク」脱!
温タオルで身体を拭き、さっぱり☆
ナースが新しいパジャマを持ってきてくれました。このような気遣い、うれしかったです。
すっかり気分が良くなり、さっそく歩き出そうとしたら、「ふらつくから気を付けるよう」注意を受けました。
「??」
若い人のほうが油断してふらつきやすいそう。
私は大丈夫!!でした(^^)
腰は、痛くて曲げづらかったです。

トイレ。
尿カテーテルを抜いた後、普通に出せるか心配でしたが、問題なし。肉眼的血尿もなし。
しかし!
腰痛でおしり側に手が回らなくて、おしりが拭けないことには、
マイリマシタ!


昼前、母到着。
母は、不要だと言っても来るというので、病院近くにホテルを確保し、通ってもらっていました。
娘の心配だけでなく、観光もしっかり楽しんでいたようで、「ダリ展に行こうと思ったら早すぎてやっていなかった」だとかで、美味しいコーヒー屋さんで一杯やってきた?ようでした。
元気で何より。
私にはタリーズのアイスコーヒーを差し入れ。
うれしい!天国!
腎臓病の病棟では、食事制限・水分制限の方が多いので、大部屋なら控え目にしないといけないところですが、個室にして良かったことの1つです。


12時
昼食
背もたれを起こし、母に背枕を入れてもらい、食事の姿勢をとる。
まるで要介護者(現にそうなんですが)。
ホームヘルパー用の教科書どおりのセッティングで、見事、安楽なポジションとなり感動。

・・疲労でベッドに腰掛けることができなかった・・


13時
母、帰宅。

午後~
気分は良いけれど、腰痛で、散歩も、読書も気分ではなく、ゴロゴロしたり、ベッドの背もたれをあげたり、室内のソファに座ってみたりして、寝たり起きたりして過ごしました。

15時30分
CT検査
助手さんが車椅子でお迎えにきて、驚く。
もし自分で歩いてと言われても、そのときの私は、検査室まで歩く自信がなかったですが…。
安静とは、おそろしい。体力がそぎ取られる。


18時
夕食
午後から、座るのが辛くなっていき、夕食のときもベッドの背もたれをあげて摂りました。
とにかく背もたれが欲しい、という感じでした。

18時すぎ
回診。
「先生、残業大変ですね。」と、心の中で労う。
CT検査の結果説明。
・血腫は小さく、問題なし。
・刺入部の腫れも痛みも少なく、問題なし。

「頭が痒くて早くシャワーしたい!」
「太もものアンシルクのシリコン跡が痒い」
そんなことばかり思うくらい、刺入部の痛みや腫れは気になりませんでした。

20時
デイルームにインターネットがあったので、いじってみました。30分座って、丁度良い疲労感。

23時
とにかく頭が痒い。身体拭きで拭いても効果なし。そして胃痛・腰痛。

隣の部屋がバタついている雰囲気。
詰所近くの個室。重症部屋?
この日は、ナースコールやモニターは鳴っていなく、静かで、そのサクション音などが響いて、
なんだか怖くなりました。
病院勤務といっても、病棟にはなじみがないので。

それでも、1時~4時までは眠ったようです。



記:H28.4

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
にほんブログ村

腎生検で辛かったこと「腰痛」

<入院2日目>

もう2度と腎生検なんてしたくない!!
と、思った、一番辛かったことは、腰痛です。


腰といっても、刺した部分ではなくて。


膝を曲げちゃだめ、完全な左向きもだめ、の棒のような状態で、長時間安静を保つことによって、腰に負担がかかるんですね。


検査後まもなく、痛みが出現しました。


きっと普段、無意識に足を曲げたり、コロコロと左右に体位変換しているから大丈夫なんでしょう。


15時頃、右足をたててもオッケーとなりましたが、全く楽にならない。辛い。


頻繁に、左向き⬅➡仰向けに変えたいけど、自力ではダメで、ナースコールを押すように言われていました。
だけど、遠慮で押せないし…

母が帰宅してからは、話し相手もなく、気を紛らわすこともできず、ますます辛くなりました。
TVも見たくない、携帯も見る気にならない、水分を摂る気にもならない。。。


限界まで我慢してナースコール。

ナースの対応はというと、
左向き➡仰向けは見守りのみ
仰向け➡左向きはナースによって角度も枕位置も違うし、右向きが禁止なのを知らないナースもいて、申し訳ないけれど、信用出来なくなってしまいました(^_^;)


結果、捻らないように自力で体位変換をするという。
ダメ患者…(^_^;)


その後、朝まで、声かけもされずでした。
苦痛なく眠っていると思われたのか、コイツ勝手に姿勢変えて・・と思われていたのかはわかりません。
患者の気持ちとしては「声をかけて欲しかった~」。


そうだ。
前日のように眠剤をもらって眠ってしまえば良いんだ❗とひらめいて、一度ナースを呼び止めたんでした。
すると、症状がわからないので今夜は❌だと言われました…ショックでした(;_;)
でも、痛み止めをくれました(^-^)
心理的なものか、そのあと数時間は睡眠がとれました。

4時以降はまた眠れず。

この日は、腰の辛さで、他の部屋のナースコールやモニター音は、全く聞こえませんでした。

記:H28.4


にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
にほんブログ村

腎生検で辛かったこと「う○こ」

<入院2日目>

汚い話でゴメンナサイ(。-_-。)

腎生検日の朝、出そうで出ず。
いいだけお腹のマッサージ、腹筋、散歩などをしたため、検査後にもよおしてしまいました…。

これから24時間ベッドに張り付けだと思うと、なおさら気になり、全神経がそちらへ(^_^;)
ナースに、2時間我慢すれば左を向けるからと言われたけれど…

考えたら、2時間後でも結局はベッド上でしなきゃいけないしゃない。
ならばこれも経験かしら?
と思って、排出を試みることに。


①オマル
背を起こせず、足も曲げられず、直立姿勢のままオマルを入れると、ブリッジの姿勢をとる感じになり、とても無理。
しかも、もはやこれは安静の姿勢ではないのでは?という疑問…

②オムツ
安静の姿勢は保てるけど、直立姿勢ではやはり無理ですね…
床上排泄がいかにしづらいか、いかに恥ずかしいかを、実体験しました(出てないけど)

③浣腸
浣腸して出す?とナースに言われたけど、すすんで出したい訳じゃないんで…。

結局、オムツをあてたままにしてもらって様子見に。その後、自然とおさまってくれて、オムツを汚さずに済みました。
ホッ・・・


しかし恥ずかしかったです。
勤め先の入院にしなくて良かったーと思った瞬間でした。

次回もしも腎生検をすることがあったら、前日に下剤を使って検査前にスッキリしよう、と決意。


記:H28.4


にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ
にほんブログ村

☆カテゴリ・病歴順☆
☆最新記事☆
☆これまでのお客さま☆
☆自己紹介☆

toa3nojin

Author:toa3nojin
文章は苦手(>.<)
時々編集しながらゆっくりペースで綴ります。

〈経過〉
☆H22、健診で異常値の出始め。
☆H25、腎生検➡非IgA腎症。
 ・食事制限&ARB&抗血小板薬開始。
☆H26、事務系・残業多の仕事を退職、療養。
☆H27、体力系・夜勤ありの仕事へ。
☆H28、ネフローゼ、腎生検➡巣状糸球体硬化症。
・ステロイド(プレドニン)内服➡不完全寛解型 。
・H28夏~ステロイド減量中。

☆アフィリエイトなど☆
☆ブログ村☆
☆ブロとも申請フォーム☆

この人とブロともになる

☆リンク☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。